スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12

今回は前回宣言した通り、「花は舞い 月は輝く」及びブログ「星屑の流星群」の管理人の花月さんからお誘い頂いた「ゲームやアニメについてぼそぼそ語る人」のピッコロさんのところで開催される企画に参加してみようと思います!



初のコメントにかなりびっくりしました。いったいどこからこの辺鄙なブログを…

このような企画は初めてなのですが、とりあえずいつものように思いの丈を語りたいと思います。
至らないところばかりですが、どうぞご容赦ください。

では、始めます。

※この評価は完全にエノキの葉の主観です。客観的な評価などは期待しないようお願い致します。

OK!な方は続きからアクセラレーション!!

・ストーリー 5
・キャラクター性 5
・画 5
・演出 5
・音楽 5
・総合的な評価 5


はい、心のままに評価を付けたらこのようになりました…!!
ひとつくらい4とか入れた方がそれっぽくなる気もしたのですが、ここは自分の独断で行きました!
ではそれぞれ簡単に理由と共にコメントをつけてみたいと思います。

ストーリー。
あの最高の最終回を見てしまったからには他の評価はつけられません!
初期のカード達が最終回に登場し、最初のOPのレモンVSジャンクの対決が実現。
仲間たちがそれぞれの道えを選び、主人公は街に残る…この辺りは以前たくさん語ったので省略で!(汗
初期のなかなかにハードな展開も好きですね。刑務所とか電撃とか…w
その後のダークシグナー編に突入し、某満足リーダーのごとく弾けましたね!
それぞれに対応したシグナーとダークシグナーの対戦も、まさかのレベルマイナスのシンクロも、
当時はかなりの衝撃で毎回わくわくしていたのを思い出します。
そしてダークシグナー編のラストデュエルは当時「これ最終回!?(°□°;)」と一瞬焦ったのもいい思い出ですw
そしてWRGP編。かなりの長編となりましたが、イリアステルやブルーノ、アクセルシンクロの登場など熱い展開続きでしたね。映画とシンクロしていることも分かり、アンコール上映の時、パラドックスへの感じ方が初見のときとかなり違ったのを覚えています。
3年という期間に渡り、数々のデュエルを繰り広げてきましたが「絆」というテーマはしっかりと貫けていたと思います。
…本当はまだまだあるのですが、長くなりそうなので、次の項目に行きます。

キャラクター性。
これも文句はないでしょう!!
遊星、ジャック、アキ、龍亞・龍可、クロウ、ブルーノ、鬼柳さん、イリアステル、ZONE…数えあげたらきりがありません。味方キャラだけでなく、敵キャラにも魅力がありました。
勧善懲悪が好きな人の中には敵キャラに同情の余地があるのを好まない人がいるかもしれませんが、
ほんとに単純に憎めないキャラばかりで、敵・味方問わずみんな大好きです!!
声優さんも、本業が声優さんでなかったり、新人だったりという方が多かったらしいのですが、「このキャラはこの人でないとだめだ!!」というキャラがほとんどでした。

画。
これは作画や動きについて…ってことですよね?
まぁ、確かに遊戯王のキャラクターはバランスを取るのが難しい人ばかりだと思いますし(主に髪型のせ…ry)、
実際他のアニメ作品と比べると毎回画に監督さんの個性が出ていました。
ですが、そこまで驚くような崩壊は数回あまりなく、なによりもそれを上回るほどの熱い動きを何度も見せてくれたので、多少のマイナス点は帳消しにして5!を評価に選びました。

演出。
これも文句ないですね!o(`▽´)o
遊星役の宮下さんのいろいろな熱い叫び、鬼柳さん役の小野さんの文字にしづらい笑い方とか!w
遊星の初アクセルシンクロ時のClear Mindはいつ見ても鳥肌が立ちます…!!!
そもそも本来は卓上で行うはずのデュエルにバイクを持ち込んだ時点で、演出は文句のつけようがない気もしますしね!ww

※アテンション!ここから下は書いた記事が一度消えてしまいまして、気分が少し落ち込んでいる可能性があります。

音楽。
まずは、OP・ED。
5D‘sの曲はそれも疾走感があったり、絆や未来、無限といった重要な言葉が歌詞に込められていたりと、5D‘sの雰囲気にあった、素敵なものばかりでした。
また、5D‘sにはV系のアーティストさんの曲がよく用いられていました。以前はV系の音楽には怖いというイメージしかなかったのですが(シャウトするという印象とそのメイクから…)、実際に聞いてみるとどれも素敵な曲で、気に入ってしまいました。食わず嫌いはよくないですね。
挿入歌。
先ほど語ったClearMindは言うまでもなく。最初の挿入歌であるYousayも、名前の通り(ォィ)遊星のことを表したように受け止められて、とても好きです。そしてYAKUSOKU NO MELODY…これはもう泣くしかないでしょう!(ノΔΠ)あの場面で流れるなんて…!!
BGM。
遊戯王のサントラには毎回定評があるようですね。5D‘sの音楽もその例に漏れず、すばらしいと思います。
以前はアニメなどのBGMなどには関心がなく、「歌詞のないものを聞いて何が楽しいのだろう」とまで考えていました。ですが5D‘sではBGMを気にするようになり、サウンドトラックまで買うようになりました。
これもあまり詳しくないのですが、5D‘sのBGMはテクノ系の音楽が使われている印象です。
サントラ2以降をまだ購入してないのですが、反撃、遊星のテーマ、5D‘sのテーマが好きです。

総合。
自分は遊戯王が好きです。特にこの5D‘sは友人とOCGの方でも遊び始めた時期であったのも加わり、シリーズのなかで一番ハマってしまいました。
遊戯王をただのカードゲームアニメだとバカにしている人、ネタの部分しか知らない人…大切なメッセージを伝えてくれるこの作品。。。見ても損はしないと思いますよ。
遊戯王5D‘s…大好きです。


ベストキャラクター賞
これはもちろん、遊戯王5D‘sの主人公にして、蟹という愛称を付けられた、不動遊星を選びたいと思います。
ゆうせえええええええええ!!!!(ノΔT)
…失礼。
当たり前と言ってしまえば当たり前なのですが、遊星がいたからこそ、この5D‘sの物語がここまですばらしいものになったのだと思います。
かっこよくて、頭もよくて、デュエルにもリアルファイトにも強い、普通、これだけの高スペックだったら、完璧人間のように感じられて嫌がられることがあるかもしれません。
ですが、彼にそれがほとんどないのは、三徹を強いられたりの気の毒な境遇や、「俺はレアだぜ。」「俺たちの満足はこれからだ!」とか真剣にカップラーメンについて語るといった天然(?)気味の発言によるものがあるかもしれませんが、それ以上に、
彼の自己犠牲精神、仲間との絆をとても大切にする彼の性格によるものが大きいのではないかと思います。
5D‘sを視聴していた時、精神的にかなりつらい時期だったのですが、遊星の言葉に何度も助けられてきました。
だから、ベストキャラクター賞は遊星に送りたいと思います。 遊星大好きだ!!!

ベストOP賞
この賞には、LAST TRAIN-新しい朝-を選ばせて頂きます。
この曲は他の曲と比べてキーワードのようなものが含まれているとかそういったことはないのですが、曲の雰囲気が遊戯王5D‘Sという作品にとてもあっていると思います。
この曲にも何度も励まされ、その日その日に向かっていく力を貰っていた、大好きな曲です。
原曲の歌詞はすべて英語なのですが、そちらの方もとても素敵です。
監督さん(スタッフさんだっけか?)がこの曲を気に入り、5D‘s用にアレンジしてもらったものだったと記憶しています。 GJ!!!

ベストED賞
この賞には-OZONE-を選ばせて頂きたいと思います。
5D‘sはEDも素敵な曲ばかりで迷ったのですが、夜の星空を思わせるような透き通った感じの曲の雰囲気が好きなので、この曲を選ばせて頂きました。
テレビサイズだと歌詞が不思議なことになってしまっていましたが、最後の「大切な居場所で」など、仲間たちのふるさとであるネオドミノシティを守ると決めた遊星が思い出されて、5D‘sの雰囲気にもあっていると思います。
あと、リミットオーバーアクセルシンクロォッッの時に大気圏突破した遊星を見て、「オゾンより上でも問題なかったああああ!!(°□°;;)」とつっこんだ人は一人や二人ではないはずw

ベスト声優賞・男性
遊星や鬼柳さん、ジャックやクロウと素敵な人ばかりでかなり悩んだのですが、ブルーノを演じて下さった田中 宏樹さんを選ばせて頂きます。
ブルーノ時ののんびりとした雰囲気から、アンチノミー時のクールな雰囲気への演じ分けは違和感なく聞けてとても上手だったと思います。(声優さんに詳しくないので正直評価とかはおこがましいのですが…)
ですがそれに加えて、ブルーノというキャラクターを大切にして下さったことが、5D‘sのファンの一人として、とてもうれしかったです。
遊星VSブルーノの最後のシーン、ブラックホールに飲み込まれゆくブルーノに遊星は何度もブルーノと叫び続け、最後に一言だけ遊星とブルーノがつぶやいたあのシーン。。。
あの最後の「遊星」が田中さんのアドリブだったという話を知り、また泣いてしまいました。
ありがとうございます。。。

ベスト声優賞・女性
女性声優さんに関しては、男性声優さんよりもより一層知識がなくて困ってしまうのですが、ここはルチアーノを演じて下さった吉田仁美さんを選ばせて頂きます。
当時視聴していた別のアニメでも吉田さん演じるキャラクターが登場していたのですが、雰囲気が違い、驚いたことを覚えています。
それになにより、女性があのルチアーノのキッヒャッヒャッヒャッ!!という狂ったような笑い声を出していたというのはかなりの衝撃でしたwww


こんなところですね。自分の文章力の無さと語彙の少なさを思い知りましたorz

長文になって下さいましたが、ここまで読んで下さった方、誘ってくださった花月さん、本当にありがとうございます!!

ではっ!
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今期(3月終了)アニメ評価in(通常パート)星屑の流星群

ゲームやアニメについてぼそぼそと人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画があるので参加します。 ちなみにブロガーさんじゃなくても参加できるので 「メタベイファン」などの朝アニメファンもどし...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:エノキの葉
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。